ダイエットに効果があるツボ指圧の方法を紹介します。脚やせ,下半身やせ,顔やせにも効果的でどこでも手軽にできます。ツボ指圧ダイエット以外の効果のあるダイエット法も紹介します。
寒天ダイエット、キャベツダイエット、骨盤矯正ダイエット、スープダイエット、断食ダイエット、チョコレートダイエット、低炭水化物ダイエット、豆乳ダイエット、豆乳クッキーダイエット、杜仲茶ダイエット、...
たくさんあるダイエット法の中から一番手軽にでき、長続きする、ツボ指圧ダイエットをお勧めします。
特に、手、足、耳のツボ指圧を中心に紹介しますので、ぜひ試してみて下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨盤矯正でダイエット


ダイエット,やせる,骨盤矯正


骨盤は体の中心に位置し、脊柱の一部である仙骨、それに接した左右の大きな腸骨、前方にある恥骨と坐骨から構成されています。
そして股関節と連結しており、上肢と下肢を支えている「体の支柱」のようなものです。


横から見るとやや前に傾いていて、正面から見ると逆三角形をしています。
骨盤はバランスをとったり、歩行したり、日常生活において非常に重要な役割を果たしています。
骨盤はまわりの筋肉によって支えられています。
筋肉とは、上半身と骨盤をつないでいる腹直筋と脊柱起立筋、下半身と骨盤をつないでいる臀部筋群(おしりの筋肉)と内転筋(ふとももの内側の筋肉)です。


骨盤が歪んでしまうと、体のバランスが崩れ、スタイルが悪くなったり、肩凝りや腰痛などの不調を引き起こし、さらには不妊を招く恐れもあるのです。
座骨を広げないようにする骨盤専用クッションが販売されています。
あなたにとってもっとも長い時間座る場所骨盤専用クッションをイスに正しく置きます(前後左右がありますので、間違えないように)。
正しく座ったら、両手で下腹部を軽く押さえます。
力を入れてお腹をへこませた状態で、1分キープ。
静かに深く呼吸しましょう。


これを一日に何回か意識して行います。
これだけでも充分に効果が現れるでしょう。
少しずつでも体のバランスを戻して行けるよう頑張りましょう。
スポンサーサイト

関連タグ : 骨盤矯正, 骨盤,

断食ダイエット


ダイエット,やせる,断食ダイエット


最近のダイエット法は単品ダイエットなどより運動を効果的に行うタイプのダイエットが注目されるようになりました。
今まで、基本的に断食ダイエットは健康面を考えるとしてはいけないというのが一般的な考え方です。


しかし一方で精神修行等の一環で断食という行為は古くから行われている行為です。
また、今では現代の食生活のありかたそのものが疑問視されつつあります。
過食暴食などにより胃や内蔵に負担がかかっていると言うことです。
断食がダイエットとして改めて認識されつつあります。


断食ダイエットは完全に断食するわけではありません。
プチ断食とも言われています。
一定の水分とダイエット食品のみで生活します。
もちろん、長い間の断食はおすすめできません。
3日間くらいがお勧めです。
あまり長くやると健康を害する恐れがあるので要注意です。


断食の目的はやせることだけではありません。
普段使いすぎている胃を休ませることが目的なのです。
現代の荒れた食生活でぼろぼろになっている体内の老廃物や有害物質を排出するので、体質改善や健康目的になり、ダイエットに適した体になります。


つまり、断食自体はダイエットのための前準備と考えるべきでしょう。

関連タグ : 断食ダイエット,

シモン茶ダイエット


ダイエット,やせる,シモン茶ダイエット


シモン茶のシモンとは、中南米原産のヒルガオ科の植物でサツマイモの一種です。
原住民インデュオの間では秘薬として珍重されていました。


野菜に比べ、天然ミネラル・ビタミンA・E・Kが桁違いに多量に含まれています。
繊維質が豊富なため、原産地では2千年以上も前から民間薬として使われてきたそうです。
腸内老廃物の除去などの効果があることでも知られています。


シモン茶に使われているのはこのシモンの芋ではなく葉のほうです。
シモンの葉の特徴は驚異的な食物繊維の量です。
食物繊維が豊富といわれているきな粉が約17g、ひじきが約40gですが、それと比べて純シモン茶には約60gも含んでいます。
食物繊維が多いため、腸デトックスが可能なのです。
また、もの自体がお茶なので他のダイエット法との併用ができます。
より一層のダイエット効果が期待できるのではないでしょうか。


なかなかシモン茶自体が見つからない場合場もあるでしょう。
こういったものはスーパーマーケットなどよりインターネットで探したほうが簡単に見つけられます。

関連タグ : シモン茶, 食物繊維,

低炭水化物ダイエット


ダイエット,やせる,低炭水化物ダイエット


低炭水化物ダイエットとは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。
炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。


低脂質ダイエットに比べて、体に与える負担が少なく、日本人向きのダイエット方法と言えます。
炭水化物メニューとご褒美食を組み合わせることで炭水化物の欲求をへらし、減量とその体重の維持が可能です。
他のダイエットとは違いカロリーを計算したりしせず、自分自身の生理的メカニズムで自然にカロリーを摂るのを減らします。


炭水化物の量を減らすのではなく、炭水化物を摂る回数を減らすことが大切です。
一日一回と制限して炭水化物を摂る食事にし、その食事にかける時間を一時間以内にすることでダイエット成功に導くかたちになっています。


低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエットです。
炭水化物中毒者が、そうでない人と同じように食べていてはダイエットに失敗し、苛立つだけです。
まずは自分が炭水化物中毒なのかを調べるところから初めてください。
プロテインダイエット


ダイエット,やせる,プロテインダイエット


プロテインはアミノ酸の集合体、アミノ酸が幾つも結びついた大きな分子のことです。
水に溶けさせずに栄養にするためには消化してアミノ酸に分解しないと腸から吸収できず、消化も負担が大きいです。


ダイエット効果を発揮するためには、有酸素運動が必須です。
一般に「プロテイン」として販売されているのは大豆などに含まれる植物性タンパク質を抽出したもので、多くが粉末状。水やミルクに溶いて飲みます。
プロテインはもともと身体作りをする運動選手のための補助食品です。
普段の食事に加えて、足りない栄養を補うために完全な栄養成分で作られています。


ダイエット目的でプロテインを摂る場合には、カロリーを考えることと運動をすることが大切になります。
とくにプロテインは運動をしないでプロテインを飲むとたんぱく質過剰になる可能性もあります。
プロテインダイエットを行う場合はしっかりとした有酸素運動とカロリーと栄養バランスを考えた食事を組み合わせることを必ず実践しましょう。


どんなダイエットでもそれは同じですが、とくに特定の栄養素や物質に偏りがちになるダイエット法の場合はとくに注意が必要になるでしょう。
ダイエットサプリメント


ダイエット,やせる,ダイエットサプリメント


サプリメントの中にダイエットに効果があるものがあります。
そんなダイエットのためのサプリメントの中で一番人気があるのがL-カルニチンという成分です。


L-カルニチンというダイエットサプリメントに含まれる成分は、アミノ酸の一種でこれが体内で減ると肥満や疲労の原因になっているとも言われていています。
アメリカでは25才を過ぎたらこのL-カルニチンをダイエットや疲労回復のために摂る人が多いそうです。


このダイエットに欠かせない成分、L-カルニチンはアメリカや日本の肥満外来病院で肥満解消用のダイエットサプリメントとしても使われています。
このL-カルニチンは、医薬品ではなく食品にあたるため、ダイエットのサプリメントとして摂取する際も非常に安全性の高いダイエットサプリメントです。


ダイエットのみならず持久力アップなどの目的のために、アメリカの体育協会ではオリンピック級の運動選手にも摂取を推奨するなど、体調不良やスタミナが欲しい時などにも用いられているサプリメントです。


ダイエットサプリメントは、あくまでも医薬品ではなく食品のため長期間の使用をおすすめします。

関連タグ : サプリメント,

スープダイエット


ダイエット,やせる,スープダイエット


スープダイエット」は「食べてヤセる」ダイエットして注目されています。
無理な食事制限が必要なダイエット法とは違い美味しく食べて、栄養もストレスも上手にコントロールできるのがスープダイエットです。


スープダイエットのメリットはいろいろありますが、ざっとあげると以下の5点になります。

1. きちんと食べられる
2. 栄養バランスが優れている
3. 味を楽しめる
4. 満腹感を感じる
5. ローカロリー


また脂肪燃焼を促進する食材を活用することでさらに効果的にダイエットを進めることができるでしょう。
リバウンドの繰り返しにならない理想的なダイエットを実現する為には、日々の習慣が「太らない習慣」になっている事が必須です。
チョコレートやスナックなどの甘くて高カロリーなものを、間食・食後に食べる習慣のある人は、これを改善しない限りは、短期的なダイエットに成功したとしても、いずれかならずリバウンドしてしまいます。


ただ、この高カロリー食の間食の習慣を「スープ」に置き換えて、それを習慣化する事ができれば、これまでの悪循環を断ち切る事が出来るかもしれません。
もちろんですが、スープに置き換えても量が多ければ意味がなくなってしまいます。

関連タグ : スープダイエット,

ウォーキングダイエット


ダイエット,やせる,ウォーキングダイエット


やはりもっとも健康的なダイエットは食事を制限したものではなく、運動をメインにしたものと言えるでしょう。
無酸素運動より有酸素運動を有効に取り入れたものと言えばウォーキングでしょう。


運動としては1番ムリがなく、スポーツ経験のない人でもすぐに始められる運動がウォーキングです。
効率よく背筋を伸ばして歩幅を普段歩くより広げ、腕を大きく振り、腰をひねるようにして早足で歩きます。
かかとから着地し、つま先で地面をけり出すようにします。
1日15分くらいから始めて、慣れてきたら30分から1時間くらいに増やしていきましょう。
脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないといわれるので、止まらないで歩きたいものです。


ウォーキングをする上で姿勢もだだして歩くことで効果がさらにあがります。またスピードは少し息が上がるくらいのスピードで歩くようにし、決して無理はしないようにしましょう。
持続することが大切で、早く歩くことが目的ではないからです。


また、時たま早起きして早朝にウォーキングをされる方を見かけますが朝は血糖値が低いので立ちくらみの原因にもなり効果もあまり望めないのでおすすめしません。
あくまで自分の都合のいい時間に出来るのがウォーキングの良いところです。
りんごダイエット


ダイエット,やせる,りんごダイエット


りんごダイエットとは、りんごだけを3日間食べ続けるというダイエット方法です。
以前に話題になりましたが今では実践している人も少ないでしょう。
「単品ダイエット」といわれる、一つの食品しか摂らないダイエット方法の代表格で、医学的根拠はありません。


栄養不足による精神的肉体的苦痛が多く、変調をきたす例が多く見られます。
リンゴだけという偏ったダイエットは肌荒れの原因、タンパク質不足で脂肪燃焼が妨げられ、リバウンドする可能性も高く、満腹中枢を刺激する物質の分泌にも悪影響を及ぼします。
断食ダイエットに近いになり、長期間に及ぶと危険な状態になります。


ただし、リンゴ自体は非常に健康的な食品で健康や栄養バランスを考えた上で生活の中に取り入れて行くのはとても良いことで、リンゴを活用することでダイエットや生活を改善して行くことは可能でしょう。
リンゴには体の中に溜まった毒素を排出してくれる作用があり、便秘などにも効果があります。
また、腎臓にもいいので血液が浄化され、整腸作用もあって腸の中をキレイにしてくれます。
リンゴは生でも美味しいですが、ジャムにしたり焼いたり、またはすってヨーグルトに和えると言った使い方も出来るでしょう。
トウガンダイエット


ダイエット,やせる,トウガンダイエット


淡泊な味わいで、暑い季節の食卓にピッタリの食材のトウガン
楕円形でラグビーボールのような形をしており、種類や産地によって多少の違いがありますが、育つと直径20~30cm、長さ30~50cmほどになるたいへん大きな野菜です。


トウガンは昔からダイエットや、糖尿病、高血圧、腎臓病をはじめとするさまざまな病気の改善に役立つことで知られています。
とくに利尿効果は野菜のなかで最もすぐれており、高い痩身効果があることが古来中国の薬学書『食療本草』に記されています。


トウガンには肥満を予防するサポニンや、糖の吸収を抑制して、抗ガン作用を持つと注目されているトリテルペンなどの成分が含まれているとみられています。
これらについては、現在各所で研究が進められていますが、トウガンが水太り以外の肥満やさまざまな症状に効果を発揮するというのは、これらの成分に由来する効果だと考えられます。
またトウガンは実だけでなく、皮や種にも薬効があります。


皆さんも水煮にしたトウガンを食生活に積極的にとり入れて、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

関連タグ : トウガン,

クッキーダイエット


ダイエット,やせる,クッキーダイエット


ダイエットしても、いつも途中で挫折したり、リバウンドしてしまったり……。
そんな「ダイエット失敗」に共通しているのは、「ため込みやすい」体質になってしまっていることです。


ダイエットというと、まずは食事制限を考えます。
摂取エネルギーを減らし、運動をして消費エネルギーをふやす。
もちろんこれはダイエットの基本です。
ただ食べ物を制限するだけだと、その状態に対して体はなるべくエネルギーを節約し、使わないようにします。
しかも、食事を制限すると栄養素が偏ることが多く、体の調整能力も落ちてしまいます。
とったエネルギーを燃やすこともうまくいかず、体内の不要なものを排出できない、これがため込み体質なのです。


ため込み体質から脱出するにはどうすればよいのでしょうか。
まず、体の毒素排出機能を復活させる栄養素として、食物繊維があげられます。
ご存じのように食物繊維は体内で消化吸収をされることのない成分で、同時にコレステロールなどをくるんで体外に排出するのに役立ちます。
直接毒素排出に役立ってくれるのです。


とくに夜仕事等をしていてどうしても夜に食事をしてしまう方はクッキー3枚程度をおやつに食べるようにするとよいでしょう。
寒天ダイエット


ダイエット,やせる,寒天ダイエット


ノンカロリーで食物繊維豊富な食材、寒天はダイエットにも効果的な食材のひとつです。


寒天を食べれば何をしても痩せられるわけではなく、摂取カロリーを上回る程食事をしてしまえば意味はありません。
主に摂取カロリーを抑える目的で、主食として“寒天”を食べる食事代替食方法と小腹が空いた時や食事前に寒天茶など飲んで暴食を防ぐ方法の二つがあります。


意外としられていないもうひとつの役割…食物繊維は消化管内で、糖の吸収を緩やかにしたりコレステロールを吸着、脂肪を一緒に排出したりといった作用もあります。


寒天茶を飲む場合、食事10分前に寒天茶を飲み水分を多く摂るのがよいです。
摂取した寒天が水分で膨張すると、満腹中枢を刺激、大食いを抑えられるようになるからです。
ただし食物繊維は脂肪や糖質の吸収を阻害しますが、同時に他の栄養素の吸収も、阻害してしまいますので過剰摂取はよくありません。
食物繊維の過剰摂取で貧血を起こす人いますので要注意です。


大食い防止のための寒天摂取はリバウンドの可能性は否定できません。
今までの食生活で大きくなった胃袋に、満腹感を感じさせ続けるだけのために、寒天を利用するのでは、ダイエット終了後にリバウンドの可能性があります。


また、寒天はとり過ぎると必要な糖分などまで摂取できなくなってしまいますので注意しましょう。
キャベツダイエット


ダイエット,やせる,キャベツダイエット


ほんとうにキャベツだけを食べてダイエットしようとする人がいますがそれでは栄養バランスが崩れてしまいます。


ダイエットというよりも断食になってしまうでしょう。
パンやご飯などの炭水化物の代わりに千切りやザク切りにしたキャベツを食べるという方法です。
レタスなどの他の葉野菜で代用も可能です。


嗜好さえあえばダイエットに有効な方法です。
ただし、キャベツ等を食べる際に油をたくさん使ったドレッシングなどを使うのは控えましょう。
また、おかずを少なくしすぎてキャベツ断食にならないようにも注意が必要です。
キャベツはそのほとんどが水分と食物繊維ですから、煮ても焼いてもダイエットをサポートするヘルシー食材です。
品種を変えればほぼ一年中手に入りますので冷蔵庫に常備して、日々の料理に積極的に利用しましょう。


キャベツを使えば使うほど、カロリー控えめのヘルシー料理になります。
食前に一定量のキャベツを食べることにより咀嚼の回数を増やし満腹中枢を刺激することで、その後の食事量が少なくても満腹感を得られるようにすることが出来ます。


満腹感が得られてもキャベツが中心では気分的に満足できないかもしれませんね。
自分で我慢できるよう頑張ってみましょう。
豆乳ダイエット


ダイエット,やせる,豆乳ダイエット


大豆をゆでて、すりつぶし、絞り出した乳状の液体を豆乳と言います。
豆乳は日本人には馴染みのある食品と言えるでしょう。


「畑の肉」とよばれる大豆は、ローカロリーでありながらバランスよく栄養素を含む自然健康食品の代表選手。
豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素をふくみます。
大豆には「大豆サポニン」と「大豆ペプチド」がふくまれています。
「大豆サポニン」は脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる成分、「大豆ペプチド」は吸収してしまった脂肪の燃焼をうながしてくれる成分です。
大豆製品のなかでも「豆乳」をおすすめするのは「液体」だから。
固形の豆腐にくらべても成分の吸収が優れています。


各成分に活躍してもらうためには、毎食前に飲むことも大切なポイントです。
食事の量も自然とすくなくなります。
豆乳はそのまま飲んでも良いし、寒い時に暖めて飲んでも良いでしょう。
その時に、大豆特有の甘さを感じるために砂糖やはちみつを入れないで飲みましょう。


また最近は、コンビニエンスストアなどで売っているジュースにも豆乳を使ったものがありますのでそういったものを利用しても良いでしょう。
いろいろなタイプのものを試していれば毎日飽きないで続けることができるんじゃないでしょうか。

関連タグ : 豆乳ダイエット, 大豆,

産後ダイエット


ダイエット,やせる,産後ダイエット


出産は女性にとって非常に大きなダメージがあります。
特にカルシウムが減少し、骨粗鬆状態になります。
その回復期である産後にダイエットをする場合には、通常時に比べて方法等を良く検討しなければなりません。


また、授乳もありますので、サプリメント等の摂取は師等の指示通りに行いましょう。
無理はしない方が良いけれど、体型は戻したいですね。
念のため、産後ダイエットの前には医師からアドバイスをもらうようにしたほうがよいでしょう。


出産後は基礎代謝が著しく落ちるといわれます。積極的に運動しましょう。
運動しないで食べると確実に太ってしまう時期ですので要注意です。
腹筋等で筋力をつけながらウォーキングなどで効率よくカロリーを消費できれば理想的です。
病人ではありませんから、何でも食べられます。
栄養のバランスを考えて摂ります。


やはり栄養のバランスといえば、玄米や豆類を中心に摂るのが一番でしょう。
ただし、日本人は米や豆等を自然と多く接種しているのでその点は注意しておくべきです。
カロリーの量を押さえることよりもカロリーを消費することを考え、食事はフルーツや野菜などもしっかりとるようにして、栄養のバランスを考えるようにしましょう。

関連タグ : 産後ダイエット,

太もものダイエット


ダイエット,やせる,太ももダイエット


普通のダイエットに成功しても太ももや下半身部分をきれいにダイエットするのはなかなか難しいものです。


血行や水分代謝も改善するダイエット法ですので、足の疲労回復やむくみにも効果があります。
特に、両方の手のひらの下部をぴったりとあてて、力を入れて上から下にこすります。
終わったら今度は下から上へと力を入れ、つかむようにマッサージします。
何度か繰り返し、筋肉が張ってくる感じがしたら終わりにします。


椅子に腰掛けます。
足はそろえてリラックスさせてください。
親指と人差し指で、膝のお皿を両側からつかむようにしてマッサージします。
お皿を持ち上げるようにしたら、お皿の両側を30回ほど押すようにマッサージします。
椅子に腰掛けて、足はリラックスさせます。
両方の手のひらの付け根で、力を入れて弾ませるように上から下へ30回くらい足をたたきます。
もちろん、1回だけしたところで、疲労回復やむくみにはききますが、ダイエット効果は得られないでしょう。


コレを毎日続けてみましょう。
少しずつですが効果が感じられるように根気よく、続けてみましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。