ダイエットの基礎

ここでは、「ダイエットの基礎」 に関する記事を紹介しています。
寒天ダイエット、キャベツダイエット、骨盤矯正ダイエット、スープダイエット、断食ダイエット、チョコレートダイエット、低炭水化物ダイエット、豆乳ダイエット、豆乳クッキーダイエット、杜仲茶ダイエット、...
たくさんあるダイエット法の中から一番手軽にでき、長続きする、ツボ指圧ダイエットをお勧めします。
特に、手、足、耳のツボ指圧を中心に紹介しますので、ぜひ試してみて下さい。


ダイエットレシピ


ダイエット,やせる,ダイエットレシピ


ダイエットには気をつけるなければならないことがあります。
それは、体重は減ったけれども肌がカサカサになったり、体調を崩してしまったりすることです。
それらは、間違ったダイエット方法によるものです。
きちんとしたダイエットの知識を身につけて、正しいダイエットの食事レシピを考えることが、美しくキレイにダイエットを成功させる鍵です。


ダイエットをするときは、食事の量を減らす事が多いために栄養のバランスが崩れやすいので注意しましょう。ダイエット中には普通の食事の時よりもきめ細かい栄養管理が必要です。


ダイエットをして理想の体重まで落とすことができた場合、また元の食生活のレシピに戻ってしまってはせっかくダイエットで落ちた体重もすぐに元に戻ってしまいます。
ダイエットで理想体重まで落ちた後にも、ダイエット中に無理をしていたことだけ緩和する程度にし、ダイエット前の食生活に戻さないようにレシピを考え、理想体重を維持していくことが大切です。


ダイエット中のレシピを考える際には1日1600キロカロリー目標に、ダイエットのレシピを組んでみましょう。

関連タグ : レシピ,

ダイエットとカロリー計算


ダイエット,やせる,カロリー


食事のカロリーをコントロールすることでダイエットをしようとするときは、食事のカロリー計算をすることが重要です。
摂取カロリーが消費カロリーより多い場合には、体重は増え、また摂取カロリーが消費カロリーより少ない場合には体重は減ります。


ダイエットするときには、食事の量を減らすよりも摂取カロリー量をきちんと計算して低カロリーの食事をすることがダイエットの成功の鍵になります。


ダイエットするときは、1日どれくらいのカロリー摂取が基準になるのか知っている必要があります。
ダイエット中の1日の必要摂取カロリーの目標は、大体1600キロカロリーです。
肥満度が高い人は、最終的には1300キロカロリーまで落とすこが必要な場合があります。


しかし、ダイエットを始めるにあたって、突然カロリーを急激に落とすことは大きなストレスとなります。
大きなストレスを感じないためには、ダイエットを始める時に少しずつカロリーを減らしていくようにします。

関連タグ : カロリー,

ダイエットと脂肪


ダイエットサプリメント,脂肪
脂肪1Kgとは。 このくらいの量です。


脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのをご存知ですか?
脂肪(体脂肪)には大きく分けて皮下脂肪、内臓脂肪の二種類があります。
皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪です。
一方の内臓脂肪は、皮膚よりずっと深いところ、内臓の周囲に付着する脂肪のことをいいます。


二種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、その他の役割がありますが、脂肪を過度にため込むのは万病のもとです。
そこで、脂肪を落とす必要があるのですが、落としやすいのはどちらの脂肪でしょうか?
それは内臓脂肪のほうです。


内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ちやすい」という特徴があります。
有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりもはやく減っていきます。
地道にダイエットをして行きましょう。


内臓脂肪は内臓、つまりお腹周辺につきます。
全体的には太っていないのにお腹だけ特にぽっこりでている人は「内臓脂肪が付いている」可能性があります。
おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみてください。お腹が出ているのに脂肪をしっかり「つかめない」場合には内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。
一方、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。


自分に合ったダイエット方法を見分けることで確実にダイエットに成功してください。

関連タグ : 脂肪,

産後ダイエット


ダイエット,やせる,産後ダイエット


出産は女性にとって非常に大きなダメージがあります。
特にカルシウムが減少し、骨粗鬆状態になります。
その回復期である産後にダイエットをする場合には、通常時に比べて方法等を良く検討しなければなりません。


また、授乳もありますので、サプリメント等の摂取は師等の指示通りに行いましょう。
無理はしない方が良いけれど、体型は戻したいですね。
念のため、産後ダイエットの前には医師からアドバイスをもらうようにしたほうがよいでしょう。


出産後は基礎代謝が著しく落ちるといわれます。積極的に運動しましょう。
運動しないで食べると確実に太ってしまう時期ですので要注意です。
腹筋等で筋力をつけながらウォーキングなどで効率よくカロリーを消費できれば理想的です。
病人ではありませんから、何でも食べられます。
栄養のバランスを考えて摂ります。


やはり栄養のバランスといえば、玄米や豆類を中心に摂るのが一番でしょう。
ただし、日本人は米や豆等を自然と多く接種しているのでその点は注意しておくべきです。
カロリーの量を押さえることよりもカロリーを消費することを考え、食事はフルーツや野菜などもしっかりとるようにして、栄養のバランスを考えるようにしましょう。

関連タグ : 産後ダイエット,

ダイエットのリバウンド


ダイエット,やせる,リバウンド


自分の体に無理を強いたダイエットのために、食事が進まなくなることがあります。
カラダとココロのバランスに変化が起きて、ダイエットによるストレスがたまり、自分をコントロールできなくなって、逆に食事をしてしまうことをリバウンドと呼んでいます。


食事が増えることによりリバウンドしてしまうと、ダイエットのスタート時より体重が増えてしまって、嫌悪感を抱くようになって、吐いてしまう人もいるようです。
せっかくの努力も、このように自分自身を責めてしまったら、何のためのダイエットなのか意味が分りません。


実際には、無謀なダイエットにより食事が思うようにできなくなり、太りたくても太れなくなってしまい、病院での治療をせざるを得ないというケースも少なくないようです。
食事をすることは本来、楽しいことで無くてはならないのです。
仲の良いお友達とたのしく食事やお酒を飲むのも良いものです。
そんな楽しいことも一切カットしてしまってダイエットしては、本末転等です。


「食事をする」楽しみは大切にしながら、内面も磨く努力をする。
そうすれば、そこに素敵なプロポーションや、着たかった洋服が待っているのです。
マイペースを心がけましょう。
無理のないよう自分自身のペースで良いのです。
疲れたら休んでいいのです。
多少、休んでもダイエットにそう影響は出ないものです。


様々なダイエット情報に踊らされず、自分自身の体にあったダイエット方法を見つけていく努力をしましょう。
自分なりの「食べて 痩せる」方法をみつければ良いのです。


内側から、綺麗になる。
食べて 痩せるそこは本当の「美」があるのです。

関連タグ : リバウンド,

ダイエットカロリーコントロール


ダイエットには実は運動もサプリメントも必要のない「ダイエットカロリーコントロール」という方法があります。
これはその名のとおりカロリーの摂取方法を考えて変えることによってダイエットを成功させる方法です。


しかし間違ったカロリーコントロールのダイエットはかえって危険です。
ダイエットをするためにはカロリーの摂取量を消費する量より減らさないといけません。
しかし、カロリーを減らすのはよいけれど、必要な栄養素まで知らず知らずのうちに減らしてしまうことが多いのです。


一時流行ったリンゴダイエットやたまごダイエットなどの単品の食品のみでのダイエット方法もこれに当たり、必要な栄養素を摂取することのできない危険なダイエット方法だといえます。


ダイエットをする際には、自分に合った目標体重を設定することが大事です。
BMIという体格指数によって導き出された標準体重を参考にするとよいでしょう。
BMIは、体重(kg)を身長(m)で2回割った数値になります。
BMI=22の体重がダイエットの目標体重の目安です。
標準体重の計算は、身長(m)×身長(m)×22となりますのでダイエットをしようとしている人は参考にしてください。


また、カロリーコントロールのダイエットには、パンよりご飯を食べるのがよいでしょう。