ダイエット食品

ここでは、「ダイエット食品」 に関する記事を紹介しています。
寒天ダイエット、キャベツダイエット、骨盤矯正ダイエット、スープダイエット、断食ダイエット、チョコレートダイエット、低炭水化物ダイエット、豆乳ダイエット、豆乳クッキーダイエット、杜仲茶ダイエット、...
たくさんあるダイエット法の中から一番手軽にでき、長続きする、ツボ指圧ダイエットをお勧めします。
特に、手、足、耳のツボ指圧を中心に紹介しますので、ぜひ試してみて下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエット玄米クッキー


ダイエット,やせる,玄米クッキー


ダイエットクッキーには、ポピュラーな大豆以外に玄米クッキーもいいものです。
あるダイエットクッキー の主な成分は、玄米、カルシウム、オリゴ糖、DHA、還元麦芽糖水飴、卵、植物性油脂、米こうじ酵素(1袋18本/208キロカロリー)です。
1食分208kcalは高いと思われがちです。


そもそもダイエットは、栄養を取らなければ良いということではなく、栄養のバランスが取れた食品であることがダイエットに重要なのです。
栄養不足は急激なリバウンドの元です。


カロリーが低くて栄養がないものだけ食べていても、ダイエットは成功しても健康を害します。
玄米には、良質のタンパク質の他にビタミンB群・ビタミンE・パントテン酸・必須脂肪酸・食物繊維などの栄養成分とカルシウム・鉄・リン・カリウム・ナトリウムなどのミネラル成分が総合的に含まれていて、全能食ともいわれています。


玄米は、炊きにくく、うまく炊けない事も多いのです。その玄米を玄米ごはんよりも、消化がよく、どこでも食べられるよう、おいしいクッキーにしたのがダイエット用の玄米クッキーです。
スポンサーサイト

関連タグ : 玄米クッキー, ダイエットクッキー,

豆乳クッキーダイエット


ダイエット,やせる,豆乳クッキーダイエット


食事の代替食品として、豆乳クッキーを食べるだけの豆乳クッキーダイエットは、簡単で、決定打となり得ます。
忠実に実行すれば、体調もお肌もトラブルことなく、健康的に、体重にして4キロダウンします。


豆乳クッキー 一食あたりのカロリーはかなり低いです。
たとえば、コンビニ弁当800kcal程度を、豆乳クッキーダイエット146kcalに替えるだけで、650kcalほど削減になります。
それでも、満腹感満たされ、ダイエット特有のストレスはたまりません。
その満腹感のヒミツは、「おから」です。
水を含むとカサが2倍、重さ3倍にまで増えてくれて、少量でも満腹感が得られるんです。
その上、食物繊維そのものなので、ダイエットに重要な、お通じに効果があります。
ダイエットのお肌のトラブル、体調不良の悩みも、イソフラボンやレシチンが解消してくれます。
しかも、わずか146kcalなのに、通常の一食分に必要な栄養が、バランス良く含まれています。
なおレシチンには、脂肪ダウン効果もあります。


味は、ホテルのシェフが、チェックしました。
これなら、ダイエットを続けることができます。
プロテインダイエット


ダイエット,やせる,プロテインダイエット


プロテインはアミノ酸の集合体、アミノ酸が幾つも結びついた大きな分子のことです。
水に溶けさせずに栄養にするためには消化してアミノ酸に分解しないと腸から吸収できず、消化も負担が大きいです。


ダイエット効果を発揮するためには、有酸素運動が必須です。
一般に「プロテイン」として販売されているのは大豆などに含まれる植物性タンパク質を抽出したもので、多くが粉末状。水やミルクに溶いて飲みます。
プロテインはもともと身体作りをする運動選手のための補助食品です。
普段の食事に加えて、足りない栄養を補うために完全な栄養成分で作られています。


ダイエット目的でプロテインを摂る場合には、カロリーを考えることと運動をすることが大切になります。
とくにプロテインは運動をしないでプロテインを飲むとたんぱく質過剰になる可能性もあります。
プロテインダイエットを行う場合はしっかりとした有酸素運動とカロリーと栄養バランスを考えた食事を組み合わせることを必ず実践しましょう。


どんなダイエットでもそれは同じですが、とくに特定の栄養素や物質に偏りがちになるダイエット法の場合はとくに注意が必要になるでしょう。
マイクロダイエット


ダイエット,やせる,マイクロダイエット


マイクロダイエットは、WHO(世界保健機関)の栄養基準を満たした成分がバランスよく配合されていて、全国の医療機関で肥満治療の病院食としても利用されているダイエット食品です。


マイクロダイエットは、ダイエット中に嬉しい、一食分約170キロカロリーの低カロリーの食品でありながらも、タンパク質などの、体に必要な栄養素は約50種類含まれている、体に優しいダイエット食品です。
マイクロダイエットの摂取の仕方は、一日1~2食を、水350~400ccに溶かして、食事代わりに飲むことです。


マイクロダイエットを食事代わりに手軽に摂るだけで、簡単にカロリーコントロールが出来て、しかも体に必要な栄養素もしっかりと摂取できる手軽さが、マイクロダイエットの最大の特徴だといえます。
ダイエットで、一番気になることが「ダイエットのリバウンド」ですが、マイクロダイエットは、ダイエット中の食事の代わりとして食生活から改善していこうというものなので、体が慣れてしまえば、リバウンドしにくいダイエット方法だといえるでしょう。


マイクロダイエットを使っている間に正しい食生活の習慣を身につけて、ダイエットによる減量後の調整時期をしっかり置いてから過ごすことをおすすめしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。