部分ダイエット

ここでは、「部分ダイエット」 に関する記事を紹介しています。
寒天ダイエット、キャベツダイエット、骨盤矯正ダイエット、スープダイエット、断食ダイエット、チョコレートダイエット、低炭水化物ダイエット、豆乳ダイエット、豆乳クッキーダイエット、杜仲茶ダイエット、...
たくさんあるダイエット法の中から一番手軽にでき、長続きする、ツボ指圧ダイエットをお勧めします。
特に、手、足、耳のツボ指圧を中心に紹介しますので、ぜひ試してみて下さい。


下腹ダイエット





下腹ダイエットにはコツがあります。
ダイエットだからと、ウォーキングをしたり、ジョギングをしたり、オリゴ糖を摂りまくるのも効くかもしれませんが、疲れてしまい長続きしません。
ダイエットには継続が一番大切です。


下腹ダイエットも、短期間で成果をあげられるものではありません。
効率的に賢く下腹ダイエットを成功させるためにも、下腹ダイエットのコツを知りましょう。


下腹ダイエットでウォーキングをする場合、歩き方によってカロリー消費量は大きく異なります。
お腹周りを意識してウォーキングをすることが大切です。
背筋を伸ばして、体を左右に振るようにして歩きましょう。
これだけでも、カロリー消費量は大きく違うものになってきます。


ウォーキングやジョギングの他に、スクワットなども効果がありますが、回数をこなそうと頑張ってしまうと、疲れてしまいますし、筋肉痛になる危険性も大きいです。
やりすぎると筋肉痛や疲労がたまり長続きしません。


腰の上げ下げをゆっくりとするほうが下腹ダイエットには効果的です。
その間は筋肉に力が入っていますので、ゆっくりとした運動の方が効果があります。
このとき背筋を伸ばし、ゆっくりと行うことが下腹ダイエットのポイントです。
ゆったりした動きは疲れにくいので、ある程度の回数は続けられるでしょう。
毎日長期間続けられることが下腹ダイエットに非常に有効です。

関連タグ : 下腹ダイエット,

太もものダイエット


ダイエット,やせる,太ももダイエット


普通のダイエットに成功しても太ももや下半身部分をきれいにダイエットするのはなかなか難しいものです。


血行や水分代謝も改善するダイエット法ですので、足の疲労回復やむくみにも効果があります。
特に、両方の手のひらの下部をぴったりとあてて、力を入れて上から下にこすります。
終わったら今度は下から上へと力を入れ、つかむようにマッサージします。
何度か繰り返し、筋肉が張ってくる感じがしたら終わりにします。


椅子に腰掛けます。
足はそろえてリラックスさせてください。
親指と人差し指で、膝のお皿を両側からつかむようにしてマッサージします。
お皿を持ち上げるようにしたら、お皿の両側を30回ほど押すようにマッサージします。
椅子に腰掛けて、足はリラックスさせます。
両方の手のひらの付け根で、力を入れて弾ませるように上から下へ30回くらい足をたたきます。
もちろん、1回だけしたところで、疲労回復やむくみにはききますが、ダイエット効果は得られないでしょう。


コレを毎日続けてみましょう。
少しずつですが効果が感じられるように根気よく、続けてみましょう。