ダイエットに効果があるツボ指圧の方法を紹介します。脚やせ,下半身やせ,顔やせにも効果的でどこでも手軽にできます。ツボ指圧ダイエット以外の効果のあるダイエット法も紹介します。
寒天ダイエット、キャベツダイエット、骨盤矯正ダイエット、スープダイエット、断食ダイエット、チョコレートダイエット、低炭水化物ダイエット、豆乳ダイエット、豆乳クッキーダイエット、杜仲茶ダイエット、...
たくさんあるダイエット法の中から一番手軽にでき、長続きする、ツボ指圧ダイエットをお勧めします。
特に、手、足、耳のツボ指圧を中心に紹介しますので、ぜひ試してみて下さい。


ダイエット効果があるツボ指圧


ダイエット,やせる,脚やせ,下半身やせ,顔やせ,指圧,つぼ,ツボ



私はダイエットに何度も挑戦し、少し効果が出て、またリバウンドの繰り返し、というパターンにあきらめかけていました。
世の名にはたくさんのダイエット法の情報があふれています。


ダイエット法別】
・寒天ダイエット・キャベツダイエット・チョコレートダイエット・豆乳ダイエット・杜仲茶ダイエット・りんごダイエット・にんじんジュースダイエット・海藻ダイエット・黒酢ダイエット・玄米ダイエット・ラズベリーダイエット・コーヒーダイエット・ヨーグルトダイエット・とうがらしダイエット・炭水化物ダイエット・ヨガダイエット・水泳ダイエット・ジョギングダイエット・酸素ダイエット・ダンベルダイエット...まだまだあります。


【部位別】
・上半身ダイエット・顔ダイエット・二の腕ダイエット・下半身ダイエット・太ももダイエット・骨盤ダイエット・お腹ダイエット・背中ダイエット・足首ダイエット・ふくらはぎダイエット...etc.


こんなにたくさんのダイエット方法があると、自分にどれが合うのか分かりませんよね。
結構、費用がかかるものも多く、これでリバウンドしたら目も当てられません。


そこで、手軽にできて、長続きし、お金がかからないツボ指圧を選びました。
漢方、針灸、指圧などに東洋医学は体のバランスを整え、人間が本来持っている治癒力を活性化します。
特にツボが集中している手、足、耳の指圧は、仕事の合間にでき、継続することができ、効果がありました。
毎日、通勤時間に5分、会社で5分、帰宅後のお風呂上りに5分続けるようになって、ダイエット美容効果があることが分かりました。


副次効果として便秘目の疲れもなくなり、花粉症の季節も以前より、楽に過ごせるようになりました。
今回、私が実践しているダイエット指圧法の中で、いつでも手軽にできる「手」、「足」、「耳」のツボを指圧して、特に効果があったダイエット法を解説します。


また、ツボ指圧以外にも効果のあるダイエット法もご紹介します。


ダイエットに効果があるツボ指圧の基礎


ダイエット,やせる


なぜツボ指圧が効くのか。
なぜダイエットにツボ指圧が効くのか。


人間の体には血管や神経が網の目のようにはりめぐらされています。
東洋医学では血管、神経以外に「気血」の通る道があると考えられています。
気と血のエネルギーが通る道です。
これを「経絡」といいます。


気血が経絡をスムーズに流れることで、全身の健康は保たれています。
しかし、何らかの原因で気血の流れが滞ると、不調や病気があらわれます。
そこで、気血が滞っている場所を指圧してやることによって、エネルギーが全身に満ち、体調を改善させることができるのです。


主な経絡は全身に14あり、その経絡上にツボがあります。
経絡の調整点の役割をしているのがツボです。
経路上のツボを指圧することによって、手のツボで肩こりを、足のツボで腹痛をと、患部と離れたツボの指圧で症状が改善するのです。
また、ふだんから自分の持病の効くツボを指圧すると予防になります。


ツボは全身に約400あり、特に手、足、耳にたくさん集まっています。
ダイエットに効くツボも手、足、耳にたくさんありますので、順次、紹介していきます。


関連タグ : ツボ指圧,

ダイエット効果があるツボの見つけ方


ダイエット,やせる


ツボは、できるだけ正確な場所を刺激しなければ、ツボ指圧の効果がありません。


では、ツボの場所と特徴について説明します。
東洋医学の古典には、ツボは次のような場所にあると記されています。
動脈が体の表面近くを通る場所、骨のくぼみ、骨と骨の間、骨のきわ、関節の陥没
部、腱と腱の間、筋肉と筋肉の間、筋肉のきわ・・・などです。


たしかに、このような場所を押すと、独特の痛みを感じることがあり、これを圧痛と呼
びます。これらの場所のうち、特に強く大きい圧痛があるところがツボです。
ツボの位置には個人差があり、また体調によっても微妙に移動することがあります。


ツボを特定する目安になるのが、圧痛などの反応です。圧痛にも、押すと気持ちの
いい痛み、シーンとしびれるような痛み、頭の中まで響くような痛み、重だるいような
痛み、キリキリとした痛み、飛び上がるほどの痛みなど、いろいろあります。


それらを目安にツボを探し、痛いけれど気持ちがいいと感じる部分、こりやしこりを感
じる部分がツボです。


ツボは全身に400以上あります。
特に手、足、耳にたくさん集中しています。


何と、耳には110ヶ所、足には70ヶ所もあるのです。


関連タグ : ツボ,

ツボ指圧-やってはいけない事注意点


1.指圧をしてはいけない時間    

① 食事の直後   
② 入浴前


2.強い指圧をしてはいけない人    

① お年寄り 
心臓や内臓が弱くなっていますので軽いマッサージくらいがよいでしょう。    

② 体が未発達な子ども      
体の各器官が未発達ですので、刺激が強すぎないよう注意しましょう。   

③ 妊娠中の人  
体がデリケートな時期ですのでリラックス程度にとどめましょう。


3.指圧を避けるべき人   

① 酔っ払っている人     
お酒で血行が高まり過ぎているときは、ツボ刺激は避けましょう。    

② ケガをしている人      
骨折、傷、潰瘍の上にあるツボを刺激すること避けましょう。
  
③ 伝染病にかかっている人      
刺激することで病原菌が活性化しますのでツボを刺激すること避けましょう。


ダイエットは方法によっては健康を害するおそれがあります、無理せずに自分のペースでトライしましょう 。


ツボ指圧効果的ポイント


ダイエット,やせる,脚やせ,下半身やせ,顔やせ,指圧,つぼ,ツボ


1.押すときのポイント

息を吐きながら押して、息を吸いながら力を抜く、というのを5~10回くらい繰り返すとよいでしょう。
押す力は、「痛いけれど気持ちがいい」と感じるくらいの強さが最適です。


2.いつ行うといいのか

入浴後や寝る前のリラックスできる時間が最適ですが、こだわることはなく、通勤の電車の中や、仕事の合間などの少ない空き時間でもできます。


関連タグ : ツボ指圧, , 注意点,

足ツボ指圧で下腹スッキリ


一番ダイエットしたいのは、下腹まわりの脂肪でしょう。
下腹を引き締めるには、足裏にある太陽神経叢と胃・小腸・大腸ゾーンを指圧すると効果があります。
余分な脂肪と水分の排出を促進して、スッキリした引き締まった下腹になります。



ダイエット,やせる,脚やせ,下半身やせ,顔やせ,指圧,つぼ,ツボ,足つぼ図6



●太陽神経叢(たいようしんけいそう)

太陽神経叢は、親指と人差し指のまたから3.5~4.5cmかかとに寄った場所に位置
します。
このツボ刺激することで、脂肪の燃焼を促されます。
効果的な刺激法として、両手の親指を重ね、つま先の方に向けてやや強めに押し揉みます。



●胃・小腸・大腸ゾーン

胃は親指付け根の膨らみのやや下に位置し、小腸&大腸は土踏まず全体のゾーンに位置します。
これらのツボを刺激することで余分な水分や老廃物を体外へ排出する効果があります。


足ツボ指圧-足の裏をもみほぐして新陳代謝促進


足ツボ指圧



足の裏をもみほぐすと新陳代謝に関与しているホルモンが分泌されます。


便秘や冷え、むくみなどが気になる人にもおすすめです。
休憩時間やバスタイム、どこでもできるダイエットです。


デスクワークなどで一日中椅子に座っていると、夕方になって足がむくんだり、だるくなります。
足のむくみは腎臓などに障害がある場合もありますが、大抵は同じ姿勢をとり続けたために起こる筋肉の疲れや血行不良が原因です。
長時間歩くなどでの足の疲労もむくみの原因になります。


常に足先が冷たかったり、足がむくむのは、血行やリンパの流れが悪く、老廃物や余分な水分が溜まってしまっている証拠です。
この状態をそのままにしておくと、溜まったものが、脂肪細胞の周りにくっついて、大きな固まりをつくります。


これが、いわゆる「セルライト」です。
「セルライト」ができてしまうと、血管が圧迫されてしまい、ますます血行やリンパの流れが悪くなり、さらに疲れやすくむくみやすい脚になります。


食事では、塩分を控えることが非常に大切です。
外食やおそうざいでは、知らず知らずのうちにナトリウムのとりすぎになる心配があります。
また、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル豊富な野菜、豆、海草などを積極的に食べることも効果があります。


関連タグ : 足ツボ指圧, 新陳代謝,